佐賀市でも橋梁の改修や補修は大変な負担になってきています。(^_^;)


全国1万5000橋が寿命

【話題】

楽天SocialNewsに投稿! Yahoo!ブックマークに登録  

2013年4月11日 掲載

瀬戸大橋は亀裂を4年も放置

 瀬戸大橋に金属疲労による亀裂が11カ所見つかり問題になっている。天井板が崩落した山梨の「笹子トンネル」をほうふつとさせる事態だ。

 亀裂が見つかったのは09年。いずれも5ミリ前後で、車道を支える鉄製の継ぎ目部分である。だが、直下に鉄道が走っているため、本格的な改修工事ができず、金属がさびないように応急処置の塗装でしのいでいる。そのまま4年も放置されていたとは恐ろしい話だ。

「瀬戸大橋は1988年4月に開通し、10日で25年。橋の寿命は一般的に50年といわれます。半分で11カ所の亀裂が見つかったのは深刻ですが、これで驚いてはいけません。実は老朽化した橋梁の修繕はほとんどが手付かずで、瀬戸大橋は氷山の一角なのです」(業界関係者)

 国交省によれば、橋長15メートル以上の橋梁は全国に約15万7000あって、そのうち“寿命”の築後50年以上の割合は9%の約1万5000(11年時点)。10年後には28%、20年後には53%とどんどん増えていく。

「高齢化が進んでいるのに、修繕率は圧倒的に低い。地方公共団体における修繕実施状況は、要修繕橋梁6万704橋のうち、実施済みは6476橋。11%なのです」(国交省事情通)

<東京の修繕率は1割以下>

 ちなみに東京は要修繕橋梁1358橋のうち実施済みが114橋(12年4月現在=以下同)、神奈川が1340橋のうち91橋、千葉が1007橋のうち91橋と、いずれも1割に満たない。関東では埼玉だけが429橋のうち113橋と2割を超えている。

 修繕実施率が全国最も高い山形でさえ、40.2%と半数に届かないのだ。

 大惨事がいつ起こっても不思議ではない!?





外部サイトの記事を抜粋し、感想を書いている場合、抜粋内容の著作権は、記事元に帰属致します。




玉葱 通販 メルマガ登録者の方には、不定期に抽選で佐賀の特産の玉葱5kgを千綿農産にて手渡しプレゼント致します。
当選者には、個別にメッセージ致します。
※この農産物のプレゼントに関しての市議会議員としての法的な問題はありません。

関連記事

  • 2013.04.14

  • ちわたま!新玉ねぎ販売やってます。

    千綿正明メルマガ

    千綿正明へ問い合わせる

    千綿正明後援会フェイスブックページ

    ページ上部へ戻る