自治体主催の婚活パーティーを提案していますが、、、、、(^_^;)


一般質問で自治体主催の婚活パーティーを実施して葉という提案を2回ほどしましたが、佐賀市は取り組む気は無いようですね、、、、(^_^;)

近畿地方の息子・娘を結婚へ導くのは親の後押し? 結婚に関する意識調査

  [2013/05/09]

楽天グループの結婚情報サービス会社オーネットは、近畿地方在住の25~39歳の独身男女670人を対象に、「結婚」に関する意識について調査を実施。近畿地方に住む男女を取り巻く、結婚に関する状況について発表した。調査期間は4月17日~4月19日。

●子どもは親に「結婚したら」と言われたがっている?

独身でいる理由として、「結婚するつもりがない」と回答した人の合計は全体の8.5%となり、約90%の独身男女が「結婚したい」と思っていることがわかった。

そこで、何が結婚へ進む妨げとなっているのか聞いたところ、男性が抱える要因1位は「経済・雇用の不安(39.4%)」、次いで「出会いの機会がほとんど無い(30.4%)」。女性では、「出会いの機会がほとんど無い(41.8%)」が断トツの1位となっている。

また、母親から「結婚に関する話を持ちかけられる」と回答した人が約3割に対し、父親からという回答は2割以下。奈良県の女性においては、母親から50%の人が結婚を話題にされており、強く婚活を意識されられていることが推測できる。

その一方で、「誰にも言われない」と回答する層が男性55.8%、女性46.3%と半数近くにのぼっており、90%の独身男女が結婚の意志があるという結果から、少なくとも40%の男女が結婚問題を放任されていることがわかった。

●結婚に踏み出せない子どもたち

結婚相手に求めるものとしては、男女ともに「性格/人柄」(男性83%、女性91.6%)を支持。2位は「価値観」(男性50.1%、女性66.3%)、3位は「愛情」(男性48.7%、女性60.9%)となった。しかし、「職業」と「収入」においては、女性が男性よりも約29~40%強いこだわりを持っている傾向にあった。

また、「住居地/転居」における重要視度でも、男性5.7%、女性20.6%と男女間で差が出ており、女性が懸念しているのは同居と転居であることがわかる。

なお、近畿地方の女性が結婚相手に望む年収は、平均で489万円。これは、厚生労働省が発表した「2012年 賃金構造基本統計調査(都道府県別速報)」から算出した平均年収469万円と比べると高く、女性が相手に希望する年収のハードルはかなり高いことがわかった。

●子どもは「合コン」で活動、親は「お見合い」でサポート

男性が、結婚相手を見つける有効な手段と考えているものでは、「合コン」が38.8%の支持を受けトップとなっている。次いで、「男友達からの紹介(37.6%)」、「女友達からの紹介(34.6%)」、「知人からの紹介(33.7%)」も僅差で続いているものの、実際に実行した割合はいずれも1/3以下(6.0~12.8%)。「合コン」の実行率26%と比較すると、ハードルの高さがうかがえる。

また、女性が有効だと思う手段は「女友達からの紹介(48.1%)」で、実行率も「合コン(29.9%)」には及ばないものの17.9%と健闘。その一方で、男女ともに「お見合い」(男性33.7%、女性39.7%)への関心も高いことが判明した。しかし、実行率は男性0.9%、女性5.4%と低く、期待を持ちながらも実行に移せないでいることがわかった。

同社では、この結果から「子どもは『合コン』などの手軽な手法で出会いを広げ、親はお見合いの相手を探すというように親子の協力プレーで出会いの機会を増やすのが有効」とまとめている。





外部サイトの記事を抜粋し、感想を書いている場合、抜粋内容の著作権は、記事元に帰属致します。




玉葱 通販 メルマガ登録者の方には、不定期に抽選で佐賀の特産の玉葱5kgを千綿農産にて手渡しプレゼント致します。
当選者には、個別にメッセージ致します。
※この農産物のプレゼントに関しての市議会議員としての法的な問題はありません。

関連記事

  • 2013.05.10

  • ちわたま!新玉ねぎ販売やってます。

    千綿正明メルマガ

    千綿正明へ問い合わせる

    千綿正明後援会フェイスブックページ

    ページ上部へ戻る