調整区域での開発が出来るようにしました。


平成18年9月議会から何度か質問させていただきました、当時調整区域においては、分家住宅しか建設できなかったものを、都市計画法の34条8の3で適用する条例を作ることによって、調整区域でも住宅開発が出来るようになりました。

鍋島地域ではかなりの開発がされています。

調整区域は原則分家住宅のみの開発しか出来なかったのですが、それでは農業集落は荒廃するばかりなので、優良農地では無いところについては開発が出来るようになり、かなりの家が建っています。

ただ、そのお陰で中心市街地の土地の値段が値崩れを起こしつつありますので、新たな問題として市街地の空き家対策が必要になってきています。





外部サイトの記事を抜粋し、感想を書いている場合、抜粋内容の著作権は、記事元に帰属致します。




玉葱 通販 メルマガ登録者の方には、不定期に抽選で佐賀の特産の玉葱5kgを千綿農産にて手渡しプレゼント致します。
当選者には、個別にメッセージ致します。
※この農産物のプレゼントに関しての市議会議員としての法的な問題はありません。

関連記事

  • 2013.06.28

  • ちわたま!新玉ねぎ販売やってます。

    千綿正明メルマガ

    千綿正明へ問い合わせる

    千綿正明後援会フェイスブックページ

    ページ上部へ戻る