削った予算を性教育に使うべきだと思います。(^_^;)


不妊治療助成、年齢制限を検討 厚労省、回数も見直しへ

図:  拡大  
[PR]Click Here!

 【佐々木英輔、下司佳代子】体外受精などの不妊治療にかかる費用の助成について、厚生労働省は対象年齢や回数などの条件を見直す検討を始める。助成対象は年間11万件に増え、費用は国と自治体で約200億円に上る。年齢が高いほど妊娠しにくくなる傾向があり、近く検討会を設け、効果的な助成のあり方を検討する。

助成事業は少子化対策の一環で2004年度に始まった。現在は年収730万円までの夫婦を対象に、1回あたり最大15万円を助成している。回数は5年間で10回まで。さらに1年目は3回まで、2年目以降は年2回までと制限があるものの年齢制限はない。助成件数は04年度は1万7千件だったが、その後の対象拡大もあり07年度は6万件、11年度は11万件と増えた。

厚労省研究班の分析では、不妊治療で赤ちゃんを授かる割合は32歳までは20%でほぼ横ばいだが、36歳ごろから急に下がり、40歳では8%になる。流産のリスクも年齢とともに上がる。一方で、治療を受ける人の年齢も上がり、40歳以上が占める率は07年が31%、10年が36%だった。

続きを読む





外部サイトの記事を抜粋し、感想を書いている場合、抜粋内容の著作権は、記事元に帰属致します。




玉葱 通販 メルマガ登録者の方には、不定期に抽選で佐賀の特産の玉葱5kgを千綿農産にて手渡しプレゼント致します。
当選者には、個別にメッセージ致します。
※この農産物のプレゼントに関しての市議会議員としての法的な問題はありません。

関連記事

  • 2013.04.10

  • ちわたま!新玉ねぎ販売やってます。

    千綿正明メルマガ

    千綿正明へ問い合わせる

    千綿正明後援会フェイスブックページ

    ページ上部へ戻る