呉市視察報告書


2013-05-15 10.14.01

 

平成25年5月15日(木)午前9時半から

文教福祉常任委員会呉市視察

参加議員、平原委員長、野中副委員長、山本議員、山下明子議員、田中議員、実松議員、黒田議員、    

     川原田議員、千綿議員、中野子事務局員

視察項目「国保事業の医療費適正化に向けた取り組みについて」

 

副議長から呉市の概略を説明

軍港として発展してきた。戦艦大和を建造した。

造船鉄鋼の町として発展してきた。

自衛隊の基地でもある。潜水艦部隊もある、現在11隻の潜水艦がある。

保険年金課の担当者から説明

佐賀市は保険税の収納率が高い。

人口15万人以上の歳での高齢化率が日本一になっている。

全国平均の病院数の1.4倍の病院が呉市にある。

呉市では平成19年595千円あった1人あたりの医療費が、平成22年には407千円まで減った。

一般会計からの法定外の繰り入れはやっていない。

保険税の収納率を上げる努力をしている。

平成20年度からレセプトのデーターベース化してきた。

ジェネリックの勧奨をする事で一定の成果が得られる。

平成23年度月3千通(200万円)で12400万円の医療費の削減が出来ている。

データーベース化での弱点として入力して通知を出すまで4ヶ月かかっている。

システムは民間のパーケージのソフトを使用(年間2700万円)

重複受診者リストに訪問活動をされている。保健師が訪問し相談に乗っている。年間1400万円の削減。(保健師の雇用480万円)

頻回受診者リストを作成し訪問活動をされている。

重複服薬リストを作成

併用による薬害になることもある。

生活習慣病放置者リストを作成し、受診勧奨を実施

糖尿病性腎症等重症化予防事業を実施

糖尿病の場合3万円/年間→インスリン治療60万円/年間→人工透析600万円/年間

人工透析者10名ほどの削減効果

 

Qジェネリックの指導は医者の方に対しての指導はされているのか?

A呉市と医師会、薬剤師会に対して資料を提供している。

 国立の病院が全体の3割をジェネリックを使うという目標にしている。

 薬剤師の方がジェネリックを進められるようになった。

Q重複受診でセカンドオピニオンとの整合性は

A3ヶ月間の推移を見てから抽出している。

所感

  1. 佐賀市でも今年から国保税が上がっていると言う事を考えると、適正化事業は喫緊の課題でもある、複数の事業をされていることで、削減効果が出ているものについては、佐賀市でも取り入れる必要があると思います。
  2. 呉市でも一般会計からの法定外の繰り入れは行われていない、佐賀市でもこれは守っていくべき事だと思う。
  3. 病気になる前の予報という意味も込めて、保健師の相談業務は必要なことで有り、佐賀市でも取り入れる要素は大きいと思う。




外部サイトの記事を抜粋し、感想を書いている場合、抜粋内容の著作権は、記事元に帰属致します。




玉葱 通販 メルマガ登録者の方には、不定期に抽選で佐賀の特産の玉葱5kgを千綿農産にて手渡しプレゼント致します。
当選者には、個別にメッセージ致します。
※この農産物のプレゼントに関しての市議会議員としての法的な問題はありません。

関連記事

  • 2013.05.15

  • ちわたま!新玉ねぎ販売やってます。

    千綿正明メルマガ

    千綿正明へ問い合わせる

    千綿正明後援会フェイスブックページ

    ページ上部へ戻る